原体験コラム一覧
科学実験データ一覧

川の流れをみよう

  • 川の流れをみよう
  • 川の流れをみよう

材料

内容

・川の流れを見る。
・瀬や淵などから見る。
・川は、場所によって様々な流れ方をしていることがわかる。

詳細

 川はどのようにしてできるのでしょうか。雨水や地下水、わき水などが集まり小さな流れができます。さらにそれらがいくつか集まって支流となり、やがては、本流となって海へ流れていくのです。

 では、川の流れのようすは上流と下流ではどう違うでしょうか。また、川の風景はどうでしょう。流れに気をつけながら川岸をゆっくりと歩いてみましょう。

 川の瀬では音を立てて勢いのよい流れが見られます。一方、淵では静かに流れていて渦を巻いていたり、よどんでいたりします。川の水の流れに木の小枝や枯れ葉などを浮かべてみると、その違いがよくわかります。
 
 川の水の流れの違いは、そこに棲む魚や水生昆虫などの生物、石や礫の形や大きさに影響を与えています。
101127

関連実験
No.392「石を並べて川を渡ってみよう」
No.399「石で水切りをしよう」

基本情報

分野 分野2 育てたいもの 管理番号 季節 場所 難易度 危険度
生活,原体験 運動,五官,環境 感性 407 春夏秋冬
春 夏 秋 冬

川
少ない
やさしい
前のページへ戻る