平成19年度 生物系総評

全体として、極めて熱のこもった申請が多かった。申請の傾向としては、大きな研究室に所属する申請者からはオーソドックスなテーマの研究計画が多く、一方、規模の小さな研究室からの申請者からは独創的で新規性をもったテーマが多かったような印象を受けた。

優先的に扱った研究は、当研究助成が選考趣旨に明記している「独創性」「意外性」などの「独自性」と、他から研究助成の得難い研究である。研究費の使途の正当性についても注意を払って審査した。研究の進め方では、明らかにしたい課題を明確に意識して、その解明のために必要なアプローチが具体的で、かつ1年間の研究期間で何らかの成果が上げられるか、もしくは糸口のつかめそうな意欲的な研究を評価した。また、特に目新しいテーマでなく、身近な生物などを対象とする場合であっても、研究方法の切り口が斬新で、新たな発見や成果が期待できそうなものを優先した。

厳しく扱った研究は、

  1. 最新型の機器や手法の適用が目立って研究目的がはっきりしていない
  2. 作業仮説がしっかりしていない
  3. 着想は優れていても期間内には成果が出そうもない
  4. 研究の方法や内容が常套的で研究計画に工夫がみられない
  5. 研究室のテーマの一部を分担していて自らのオリジナリティーがうまく主張できていない
  6. 研究の目的の面白さが伝わらない
  7. 科学研究費の補助として研究室への助成のような感覚で申請している
  8. なぜ特定種や特定グループを扱ったのか、その理由が明確でない

などである。

また、偶然性に支配されるもの、環境保護的な研究に長期間を必要として個人では難しいものの評価は低かった。博士課程高学年や学位取得者で発表業績のないもの、病理生理や疫学的な本助成には余り馴染まない内容の研究なども、評価は高くなかった。 

さらに、「本助成への応募動機」では、審査担当側としては「なぜ、笹川科学研究助成に応募したのか? 必要なのか?」を期待したが、多くが「研究目的」と同じ内容が書かれていて、審査担当者として期待はずれ感をもった。審査者が期待した内容を書いた申請者もいるので、申請者サイドの研究助成への問題意識のあり方にも問題があるように思う。

生物系選考委員会委員長

人材の育成Research promotion

logo

本会の主な事業は、ボートレースの交付金による日本財団の助成金を受けて実施しております。