ページ内のクイックリンク
  1. このページの本文へ
  2. サイト全体メニューへ
  3. サイト情報メニューへ
  4. お問い合わせへ
  5. サイトマップへ

公益財団法人 日本科学協会

日中未来共創プロジェクト

English  / 
Chinese 

HOME  >  日本知識大会  >  2011年度(2010年度の延期)  >  2010東北地域笹川杯日本知識クイズ大会感想

日本知識大会

2010東北地域笹川杯日本知識クイズ大会感想

「東北地域笹川杯日本知識クイズ大会」についての感想文

東北財経大学国際商務外語学院 日本語科 教師 蒋雲闘

「東北財政経済大学の日本語が春の長春に花開く」

 大会を終えて二ヶ月になるが、大会準備中のあれこれには、今でも私の心を動かしてやまない感動的なものがある。

忘れられない教師の日…

 2010年9月10日、その年の教師の日は私が大学の教壇に立って二度目だった。学院から通知を受け、経験もない若輩者の私が、金奉源、朴光、安太紅の学生3人と2010年「笹川杯日本知識クイズ大会」の東北地域大会の準備をすることになったのだ。2010年の教師の日は長い道のりの始まった日でもあるのだ。

若きチーム」

 「笹川杯日本知識クイズ大会」は、日本語専攻の学生には馴染み深い大会である。今のところ中国国内で最も大規模かつ権威ある日本知識クイズ大会なのだ。「笹川杯日本知識クイズ大会」は東北地域でも何度か開催されているが、本学が参加するのはまだ今回で二度目。今回大会の相手は吉林大学、黒龍江大学、大連外国語学院などの東北名門校チームだった。これら名門校は日本語専攻の実力も優れ、また「笹川杯」の常連でもある。数々の参加経験やデータも持っている彼らには、大会の準備も経験済みなのだ。しかし、我々は違う。本学は財政経済大学であるため、日本語が専門の学生達もビジネス日本語重視のカリキュラムであり、大学四年間で必修科目となっているのは文学のみで、しかも週に1コマだけである。文化は選択科目で、日本史に至っては課程の開設すらされていない。ゆえに若き我がチームにとっては大会のルールから内容まで何もかもが新しく、全ての準備が初めから少しずつ進めねばならないものだった。

ある冬の約束

 私がまだ若く経験も足りないため、作戦段階では丁寧にまじめに取り組むのが精一杯だった。大会準備中、資料の正確性を担保するために「百度」や「ヤフー」で検索するだけでは少しも追いつかない。我々は「最も信頼できて正確なのは、やはり書籍の情報」を原則とした。チームメイト3人はそれぞれ何冊か本を持っていたが、ほとんど日本語版だった。各書の内容は各メンバーが暗唱できるほど読み込んだ。よく冗談で、情報収集「ローラー作戦」だなどと言い合っていた。目を通したらメンバーが要点をまとめてパソコンに打ち込み、プリントアウトしてファイリングし全員で繰り返し読み、難点や重点をみんなで分析。そうした努力を経て空っぽだったフォルダが資料でぱんぱんになり、感慨に近いものを覚えた。中身はどのページもびっしり文字で埋まり、色々な色や書体で注釈がつけられていった。日本各地の手描き地図もたくさん盛り込まれている。全て文化面を担当した安太紅君の傑作で、一枚一枚に心がこもっており、不眠の努力が伺われる。 全員が新人ではあるが、我がチームの目標は敢えて「できれば一位獲得、少なくとも二位は確保」に設定した。自身にプレッシャーをかけ、活を入れるためである。大会準備中、メンバー3人とも4年生になった。みんなが準備をしつつ就職活動もしており、苦労のほどは言うまでもない。インターンの研修中も、日中は勤務し、夜に帰宅するとすぐ復習や暗記を始めた。時間を作っては勤務先でもそこで学んだ物事を復習した。その間、資料を「かじりながら」眠りに落ちた夜がいくつあったことか。朴光君のひと言がみんなの気持ちを表している。「一番いやだったのは、勤務先の研修資料と僕たちの復習で進捗に衝突が出た時です。でも幸いなんとかなりました。あの日々が大学4年間で最も充実した時間だったと感じています。生涯の思い出になるでしょう。苦痛も楽しみもありました。まだ今は楽な生活に備えて苦労をしつくす段階でしょう。」 去年9月に大会の通知を受けてから、毎朝6:40-7:30は勧学楼の前で読み合わせをするのが4人の固い約束となった。約束はやや涼しい初秋から寒い冬にかけて続いた。朝の読み合わせは確かに疲れたが、国際商務外語学院の学友が得るところは多かった。特にメンバーの3人は4年生であり、1年生や2年生の後輩達と一緒に読み合わせをするのは当初ばつが悪かったようだ。しっかりと継続することは更に大変なことである。毎朝の読み合わせ以外にも、毎週木曜の夜には決まってみんなが集まった。場所は私の研究室である。机を囲んで座ると、一週間の資料整理の成果をまとめた。メモを回覧して、難点、重点を共有し、時には互いに試問して、記憶を深めあった。本学の日本語図書資料が少ないため、「日本の一番」を確認しに大連外大図書館、大連市図書館、大連領事館の図書センターなどに何度か足を運んだ。正しい答えを確認するために真っ赤になりながら言い争ったことも、要点を探ろうとしてどうにもならないほど議論したり、大会準備のため徹夜して風邪を引いたことも何度もあった。あの忙しくて暖かい夜の数々は、今でもありありと目に浮かぶ。 好事魔多しということなのか、一同があまりに長い試練を経験した。当初予定では11月に開催されるはずだった大会が、当該期間中の日中関係緊張によって12月に延期され、後日また無期限延長となってしまったのだ。当時は一同、期待し、やきもきして、思い悩んだが、放棄するつもりはなかった。私は特に責任を感じていた。3人はみんな分かってくれていて、文句を言ってきたりしなかったのだが。大会がキャンセルになったり、実際の開催時にみんなが卒業間近となってしまっていたら、3人に申し訳が立たない。あれだけ多くの犠牲を払い、長く努力してきたのに。

輝ける開花

 春の神が到来して万物に生命力をもたらしてくれたおかげか、大会にも転機が訪れた。桜が花盛りの季節、我々一行4人は遂に長春への列車に乗った。精一杯に準備して、積み重ねてきた闘志を胸に。 大会は全てが緊張し激しいものだった。 大会日程の1日目は第1回戦で、すぐ翌日に決勝戦。しかし長春、大連の温度差が大きく、また連続2日間の緊張の波も加わって、朴光君はひどい風邪を患ってしまった。声も変わり、鼻水が止まらない有様。安太紅君と金奉源君も気候風土になじまず体調不良を催した。それでも決勝戦の前には夜を徹して復習した。決勝戦の当日、彼らが出場している時、回答のたびにスコアボールドが変わるのを見て私も緊張し興奮した。スコアが230点に留まり、戦績がすでに動かぬところとなった時。最初に吉報を知ったのは観覧席にいた私だった。その時は一瞬我を忘れ、少し的外れのような行動をとってしまった。卒業したての新人教官である私が、優勝者を迎える準備などちゃんとできるはずもなく、Vサインを作って舞台上の3人に振り続け、自分たちが優勝だと伝えたのだった。後でみんなにはそのサインでは誤解すると言われた。その時は2位だと思ったのだそうだ。今ならこうした笑い話をするのも気楽なものだが、当時は選手3人が下りてきた時4人ですぐ固まって抱き合い大泣きした。続いて「田舎の年寄り」に優勝報告の電話をかけたとき、電話に出た彼の開口一番が「チャンピオン!チャンピオン!私達がチャンピオン、東北で一番だ!子供たちはまた熱を出して、こっちはまた雨が降り出したけど…」この栄誉の背後で、我々が如何に一歩一歩進んできたのか、寒い明け方や暗い夜に集まり、如何に信頼を蓄積していったのか、何人の人がこうしたことを知っているのだろうか。世界には奇跡など起こらない。あるのは、ひとつ耕すことにより得られるひとつの収穫だけである。結果として「修行の成果」なのだ。努力して夢を追うことができるのは最も幸福なことだ。日本科学協会が夢を実現するこうした機会を与えてくれて、とても感謝している。

大きな収穫

 学生達にとって、準備期間中の収穫として一定の知識はあったが、より重要なことはチームワークを身につけたことだ。第1回戦の後、私は学院長のショートメッセージに「毎朝の早起きを続け、厳寒に耐え、読み合わせをしてきたチームは強いのですよ」と返信した。毎朝あの寒い中、時間どおりに布団から這い出すのはとてもつらい。信念である。ゆえに、こうした試練によっても、彼らはこれから直面する課題に対してより落ち着いて対処できるようになっただろう。また、今回の優勝は、財経大学の日本語専攻で学び暮らす学生に対する肯定でもある。肯定を得られたと同時に、学生達は自信を得ることもできた。これからは「東北財経大に日本語なんかあるの?」と聞いてくる人達にも堂々と胸を張って向き合える。これら全て、日本科学協会がこうした独特な舞台を用意してくれたことに感謝しなければならない。この舞台は従来の弁論コンクールや型通りな作文大会と違い、学生の知識水準を全方向から見るものだ。日本語専攻の学生には方言が原因で発音に訛りの出る子もいるが、日本知識クイズ大会はそういう学生達にも開かれている。知識の深みと広がりをより重視する舞台であり、彼らに自分だけのものを持たせてくれる大会なのだ。 現在、我が東北財経大学の日本語専攻の学生は、日本の文化、文学、歴史などの課程に対する積極性が大いに向上している。こうした積極性はビジネス日本語知識を学ぶ積極性に引けを取らないもので、私のように文学や文化を担当する者にとっては非常に好ましい。大学機関誌『東財大学生』で我がチームが優勝したと伝えられたことにより、日本文化に興味を持つ多くの学生達が大会に参加できないかと問い合わせてきている。これも好ましい現象だ。まさに戴季陶先生が『日本論』の中で書いていたとおり。「中国というテーマは日本人も解剖台の上で何千何百回と解剖し、試験管に詰めて何千百何回検査をしている。ゆえに彼らは中国についてこのように明瞭な認識を持っているのだ。しかし、日本に対する中国人はただひたすら反対を排斥して、再び研究をする努力を認めない。日本という字さえ見たくない、日本語も聞きたくない、日本人は見たくないという。」 戴季陶先生のこの話は、中国人の盲目的に排斥する現象を何点かずばりと指摘している。どういう文化にせよ、今日まで存在するものには尊重し学ぶに値するところはあるものだ。これは私が教員として、ないし長年の外国文化学習者として学んだ実感である。またこれは毎学期「日本文化」課程の最初の講義で必ず学生に話していることでもある。忠告とも言えるものだろう。中日両国は、文化面において複雑で入り組んだつながりがある。上代はずっと中国文化が日本に影響してきたが、近現代は日本文化も中国へ影響を及ぼしている。例えば、中国の近現代の優れた思想家、文学家には日本へ留学した者が多い。国父である孫中山先生、文豪の魯迅先生も日本で学び暮らしてきた。若い世代の人間として、より客観的、理性的な態度でじっくりとこの世界を観察し、この世界にあるそれぞれの文化をよく考察し理解するべきである。勿論そこには我々の隣人であり、何世紀もの間、深い関わりを持つ日本を含む。最近、本屋や当当網で『日本論』、『菊と刀』、『武士道』という国際的に認められた優秀な日本学の著作がベストセラーであることに気づいた。これも、我が国の人、特に、若者の日本文化に対する理解、探求の心が益々深くなったことを表すものである。しかし、読書の過程で考えかたをマスターすれば、過激になることはない。

今秋の南京、始まりを待つばかり

 大会終了からもう何ヶ月も経った。我々も、大会のことは言うまでもなく、大会前後の様々なことについても絶えず振り返り、秋の再戦に備えている。あの日々を回想すると、みんなの間で「信用」が互いを支えていたと感じる。最初に指導教官の私は学生達をとても信用していたため、必ずや「できれば一位獲得、少なくとも二位は確保」と話をしてきた。最大限に信用することが、知識を教えるほかにできる唯一のことだったのだ。彼らの私に対する信頼も励みになった。引率は初めてだったが、私が指摘した箇所については、みんなが無条件に全てを把握し、覚え込んでくれた。彼ら3人も非常に息が合っていた。各人の用意するプレートは異なるため、絶対にチームメイトを信じないとできない。もう一つの力は、日本語専攻の教員や学生からの信頼である。彼らはキャンパスのフォーラムの中でずっと我がチームを励まし、祝福してくれた。私は今でも「珍しい花が開花する」、「長春がんばれ」などの表現を覚えている。 現在は、次の「笹川杯」に向けた準備が始まっている。依然として私の小さな研究室のあの机あるが、今度は心血を注いだ前回の資料が増えた。また、「東財の日本語」に属する無形のものもある。実際、「笹川杯」での優勝は我々4人だけではなく、日本語専攻の全ての学生に強力な強心剤となった。この強心剤の効力をより長続きさせられるよう、我々はいっそう努力して今年の全国大会に備えていかねばならない。 今秋、南京で!東財の日本語が引き続き花開くことを約束しよう!

このページのトップへ