ページ内のクイックリンク
  1. このページの本文へ
  2. サイト全体メニューへ
  3. サイト情報メニューへ
  4. お問い合わせへ
  5. サイトマップへ

公益財団法人 日本科学協会

日中未来共創プロジェクト

English  / 
Chinese 

HOME  >  図書寄贈  >  活用者からの声  >  中国の大学からの声 2005

活用者からの声

中国の大学からの声 2005

※原文が日本語の声は、原文を尊重して手を加えず掲載しました。
原文が中国語の声は、原文に忠実に和訳して掲載しました。

日本語原文

黒龍江東方学院図書館 劉 頴

寄贈図書管理についての所感

日本科学協会からの寄贈図書を我が大学図書館に受入れて以来、これらの図書は学内の教員や学生達によく利用されております。寄贈図書の活用効果の初歩的なものは既に教育上に現れておりますが、今後、更に深い効果が発揮されるものと考えております。寄贈図書により私達が獲得した成果として、次の5つのことを挙げることができます。

1.日本語学習意欲の高揚
現在、我が図書館には、日本科学協会から寄贈された合計5万冊の日本語版図書があります。日本語版蔵書の増加に伴い、これらの図書を利用するために来館する人も次第に増えております。ここ1年間における日本語学部の学生と教員の入館数は、延462人です。日本語専攻のある1年生が図書館を初めて訪れた時、斬新な装丁で内容豊かな多岐に亘る日本語版図書を目の当たりにするや、嬉しさに心躍らせ、「外国語は科学の最高峰へと登りつめるための手段だから、絶対に日本語をマスターしてみせる。」と嬉々として語っておりました。これらの図書は日本語学部の教員や学生達に大いに歓迎されております。

2.日本語に関する基礎知識の習得
 「新訂国語図説」、「新総合図説国語」、「新国語要覧」、「級別漢字学習」、「光に向かって100の花束」等は、多く学生によく利用されております。利用後の感想として「日本語学習に大いに役立った。」、「とてもためになった。」等、異口同音の声が届いております。
 また、「新潮日本文学アルバム」(叢書)、「本文芸鑑賞事典」、「小論文問題集」、「日本の名随筆」(叢書)、「英文手紙の決まり文句」、「手紙の基礎知識」等の本も比較的良く学生に利用される本です。利用後の感想として「文章力の向上に大いに役立った。」という声があります。
 「川端康成集」、「夏目漱石集」、「志賀直哉集」、「谷崎潤一郎集」、「太宰治」、「日本語以前」、「日本を知る105章」、「慶弔のエチケット」等の本を講義に利用している教員もおります。これらの本を参考文献として講義に臨むことで、教育の質の向上(内容の充実)に繋がったということです。

3.広範な知識の蓄積
 学生の劉月陽さんと李月涛さんは合わせて18種類の日本語の本を読みました。この2人は非常に勉強熱心で、よく図書館を訪れては本を閲覧したり借りたりしていますが、良質の本にめぐり会うと、本に対する愛着が湧いてきてなかなか手放せなくなってしまうようです。彼らはかなり幅広く読書しており、非常に広範な知識を蓄積しています。このことは、就職後の彼らの活躍に大いに繋がるものと考えています。

4.卒業論文のレベルアップ
 寄贈図書の年間利用者数は延289人で、年間貸出図書数は延576冊です。利用者の約60%は論文執筆のための参考資料としての利用です。2005年度卒業生の卒業論文には様々なテーマと多くの内容が含まれています。例えば、呉東元さんの卒論のテーマは「川端康成と『雪国』」、張微微さんのテーマは「夏目漱石と『吾輩は猫である』」、王洪波さんのテーマは「森鴎外と『舞姫』」です。また、言語、経済、文化教育、茶道文化等に関する論文を書いた学生もおります。卒論のテーマは学生により様々ですが、これらの図書資源を有効に活用すれば、教員も学生自身も充分に満足のいく論文を完成させることができると思います。

5.日本語図書資源の共同利用
 日本語学部学生の外にも、他の学部や他の専攻の学生達もこれらの日本語図書を利用しております。特に、インテリア・デザイン、建築装飾デザイン、コンピュータ・デザインなどを専攻する学生達は、芸術関係の図書や広告関係の雑誌をよく利用しております。大学外では、ハルビン税関署が「貿易と関税」(1998年1月号〜12月号)を利用しております。このように寄贈図書が広く利用されていることをとても嬉しく思っております。 黒

黒龍江東方学院ビジネス日本語学科 3年 劉月陽

 黒龍江東方学院ビジネス日本語学科(2002期生)の劉月陽と申します。3年間の大学生活を通して多くの専門知識を習得しました。そして、図書館を利用することにより、知識の幅を広げることができました。私にとって、図書館は頭脳開発のための「新しい武器」です。
 外国語を専攻する私には、外国語資料閲覧室を利用することの重要性がよく理解できます。特に、2004年に日本科学協会から寄贈された1万冊の図書は非常に有益なものです。3年になると授業の内容はより広範になり、異国の文化、人情・風俗、歴史、社会等の分野に関する知識の乏しさを痛感するようになりました。そうした時、日本科学協会から大学図書館に図書が寄贈されたのです。これらの分類された日本語図書は大いに役立っております。
 県別に分類されている本で、地理、社会、環境、資源等の角度から日本各地の概要を紹介している本がありますが、これは「日本の概況」を学ぶための参考資料として私たちの知識の補完と充実に役立つものです。また、この本には大量のカラーの挿図があるため、閲覧する際に理解しやすいし、とても覚えやすいと思います。
 「図解 国語」には日本の文学史上の重要な事件、文学の流派、文学理論とそれに関する歴史的背景が記載されています。特に、作家の名文に対しては世間的な評判の受け売りではなく、独自の優れた評論がなされております。見るものも聞くものも非常に新鮮であり、日本の近代文学作品への学習意欲を掻き立てられました。
 日本文化には沢山の中国文化が紹介されています。日本語に翻訳された名作については、枚挙に暇がありません。翻訳文には中国の古人の精練な筆致や駢注散共存の文体等、原作の真髄を完全に反映することはでませんが、冷静に分析すれば、これはこれで独特な趣が感じられます。
 中文の図書が「墨を注ぎ、水をかける」のように大胆な描写と軽快洒脱の感を与えてくれるとすれば、外国語の図書は、色濃い油絵のように重々しい荘厳さや他とは一線を画する独創の感を与えてくれます。私たちが自由に泳ぐことができる図書の海原を我が大学に与えてくれた日本科学協会に衷心より感謝いたします。私は、深い友情を満載して遥かなる大洋の彼方から送られてきたこの「重厚な階段」を登り、更に高い殿堂に向かって邁進しようと思います。
(注)「駢文」は 散文と異なる中国古代の文書体の一種で、文書に対偶の文があることが特徴。

遼黒龍江東方学院日本語学部4年 齐 艶平

 私の卒論のテーマは「<佐助犯人説>について論じる」です。論文を執筆する過程で、図書館の資料を大いに参考にしました。中でも、私にとって最も役立った本は、福田清人と平山城児の共著本「谷崎潤一郎」です。この本は、とても分かりやすい言葉で書かれており、この本を通じて谷崎先生の人生―家庭環境、学生時代、親友、結婚、そして衰えることのない作家生活―について理解することができました。谷崎先生の人生の旅路を理解したうえで、彼の作品を読み、彼の耽美主義を理解しようとすれば、新たなヒントが得られると感じました。
 文学作品の文章表現が如何に美しいものであっても、私たちの日本語のレベルでは限界があるので、その美しい表現をあまねく鑑賞できるものではありません。そういう訳で、暫くはこうした簡潔な表現の本を好んで読んでいるのです。
 また、「日本現代文学鑑賞8 谷崎潤一郎」という本も、卒論を書く際に非常に参考になりました。さらに言うなら、この本からインスピレーションが湧いたのです。
 この本の162頁には、熱湯で春琴の顔に火傷させた犯人に関する文学論争について触れているところがあります。1つの説として「佐助犯人説」があります。しかし、私の個人的な考えを言うと、この説が成り立つとすれば、佐助と春琴の愛の物語が今日まで伝わることはなかっただろうし、谷崎の耽美主義も耽美とは言えなくなるのではないかと思います。こんな訳で、「佐助犯人説」に反論することが私の卒論のテーマとなったのです。
 更に、この本の157頁〜167頁には「春琴抄」についての鑑賞解説がありますが、これは私が「春琴抄」を理解する上で大いに役立ったところでもありますし、作品への愛着にも繋がったところでもあります。

黒龍江東方学院日本語学部 4年 張 微微

 2001年に日本語学科に入学した学生です。4年間の日本語の学習を通じて日本語と日本文化についてより深く理解し、日本語と日本文化に深い興味を持つようになりました。卒業を前にした私は、卒論を書くために参考となる適当な資料がないということで一時悩んでいたことがあります。幸い、大学に日本語図書館がオープンしたため、そこで沢山の日本語版の資料を見つけることができました。例えば、「漱石文明論集」を通して、自分の研究対象である作家漱石についてより広範な理解が可能になりました。作家を理解することが、私の卒論の基礎となります。大学図書館がこれらの資料を提供してくれたことに感謝しております。これからも私たち学生が利用できる良質な図書を数多く提供してくれるよう期待しています。

黒龍江東方学院日本語学部 4年 李 雲飛

 尊敬する皆様へ
 こんにちは。2001年に日本語学科に入学した学生です。今年(2005年)卒業の予定ですが、卒業にあたって、大学における最後の課題である卒業論文を完成させなければなりません。日本語学科の学生は、卒論を日本語で書かなければなりません。私達学生にとって、それはちょっと難しいことです。特に、資料の収集はとても困難なことです。けれども、大学図書館がこの難題を解決してくれました。私の卒論のテーマは、日本の偉大な作家である夏目漱石の「こころ」に関する研究です。図書館で多くの関連資料を見つけることができ、卒論を執筆する条件が整いました。
 大学図書館の蔵書数が益々増加すること、図書の質がこれまで以上に向上すること、これらの図書を利用する学生がどんどん増えることを期待しています。

黒龍江東方学院ビジネス日本語学科 2年 董 成銘平

 日本語を専攻する学生です。日本語関連の書籍を読むことが好きです。私は、本の1冊1冊から実に多くのことを学びました。例えば、『わかもとの知恵』という本の場合、この本を読むことにより、これまで生活の中で経験したちょっとしたトラブルや些細な問題を解決するためのヒントが得られました。知識が豊かになったばかりでなく、日本語に関する興味も深くなりました。他にも、「日本料理」という本を通じて日本の食文化に対する理解を深めることができました。私はこうした日本語の書籍が大好きです。

黒龍江東方学院ビジネス日本語学科 1年 周 可心

 2004年に入学したばかりの1年生です。大学の日本語図書館から大いに恩恵を得ていることに対して心からお礼を言いたいと思います。
 ビジネス日本語を専門にしているため、日本の歴史、地理等に関する履修科目は多くありません。しかし、私個人としては、これらの科目に対して大変興味があるのです。私は知識という養分を日本語図書館から十分に吸収することができたので、大いに充実感を得ております。
 先日、クラスで壁新聞を出すよう学部から通達がありました。私はデザインと編集を担当しました。これまで日本語版の壁新聞など制作するどころか、見たこともありませんでした。幸いにも、日本語図書館から多くの情報と資料を見つけることができました。例えば、「日本の地理」、「戦後50年」等の本は大変役立ちました。日本語はゼロからのスタートであり、しかも、日本語学科に入ってまだ数ヶ月ですので、読める日本語の本は多くありません。もし、本の中に絵や写真などが入っていれば、内容を理解するうえで役立つだろうと思います。
 とにかく、大学や寄贈してくれた方々に感謝いたします。日本語を専攻する初級レベルの学生にも適する良質な本が沢山あれば嬉しいと思います。
 今後、日本語図書館が更に素晴らしい図書館になるよう祈っています。

黒龍江東方学院日本語学部 3年 李 月涛

 2002年に日本語学部に入学した学生です。これ程多くの日本語の図書を図書館で利用出来ることを幸せに思います。日本科学協会からの寄贈図書に感謝します。放課後、これらの本を閲覧することにより、知識が豊かになったと同時に、日本の社会や文化についての理解も深まりました。このことは、今後、仕事や学問をしていく上で、かけがえのない財産になると思います。
 学んだ知識を用い、それを活かすことは、私の人生の信条です。これらの文献や資料を通して、自分に相応しい人生の貴重な経験や知識を見出し、将来は中日交流の仕事に従事したいと考えています。
 皆様の仕事にとても感謝しております。

黒龍江東方学院ビジネス日本語学科 4年 全 日男

 2001年にビジネス日本語学科に入学した学生です。日本の文化について以前からずっと興味を持っておりました。卒論のために如何に資料を収集するかについて悩んでおりましたが、幸いにも、日本科学協会からの寄贈図書があり、とても助かりました。日本の茶道に関して論文を書きたいと考えておりましたので、左能典代の「茶と語る」と中里恒子の「茶」等の本を読みました。茶道について何ひとつ知らなかった私ですが、茶道についての基本的な理解をすることができました。お陰さまで論文も順調に進んでおります。今後、機会があれば幅広く読書し、知識を広めていきたいと思います。

黒龍江東方学院ビジネス日本語学科 4年 関 舜

 今年卒業予定の日本語学科4年の学生です。普段それ程多くの本を読んでいる訳ではありませんが、日本に関連する本は時々読んでいます。卒論の参考資料として、志賀直哉に関する本を読みました。これらの本を通して、志賀直哉の人となりと彼の作品についてより深く理解することができました。その上、読書を通じて日本語を学ぶことへの意欲が湧いてきたことは、更に重要なことだと思います。日本の文化や文学に関する本をもっと読みたいという気持ちになりました。

大連外国語学院 寄贈図書閲覧室 張 莉

日本科学協会寄贈図書閲覧室の利用について

 大連外国語学院は、東北三省では唯一の外国語大学です。これまでに、日本科学協会から合計で20万冊以上の図書が寄贈されました。日本科学協会の皆様の並々ならぬ努力の賜物であるこれらの図書がその役割を充分に果たせるよう、大連外国語学院は学内に日本科学協会寄贈図書閲覧室を設けました。
 寄贈図書閲覧室にある図書は、全て日本科学協会からの寄贈図書です。寄贈図書は、政治、法律、軍事、経済、文化、教育、体育、言語・文学、文学芸術、歴史、地理、数理化学、天文学、地球科学、生物科学、医薬、衛生、農業、工業技術等と広範な分野に及んでおります。 貸出を開始した日以来、閲覧室は日本語学院の教員や学生達に頻繁に利用されております。日本語学院の教員や学生達は、閲覧室で最新の日本語版図書を閲覧することにより、視野と知識の幅を広げることができます。特に、3年生と4年生にとって、図書館は、研究や卒論の執筆のための資料の宝庫となっております。
 これらの図書の利用状況を具体的に分析すると、最も利用頻度が高いのは、言語学、文学、経済に関する図書です。次いで、総合的な年鑑等です。例えば、「日本子ども資料年鑑2002」は発行年が新しく、新鮮な情報として利用することができます。この年鑑を通して、利用者は日本における最新の情報教育や道徳教育、更に様々な情報報道に関する知識を習得することができるので、日本語学院の教員や学生達により頻繁に利用されています。
 日本科学協会からの寄贈図書がこれまで以上に活用されるよう、今後、私たちは閲覧室の利用について更に工夫を凝らすなど努力する必要があると思います。まず、第一に、現在の閲覧室は少々手狭になっており、このことが図書の利用に少なからず影響を及ぼしておりますので、その対策について考える必要があります。第二に、日本語版図書の整理と目録編集にかかる時間を今後短縮する必要があります。第三に、日本科学協会からの寄贈図書についての広報活動を強化し、広範な周知を図る必要があります。
 今後、閲覧室の役割を更に重要なところに位置付け、寄贈図書が余すことなく活用されるよう努力することにより、日本語学院教員の講義や学生の学習の質の向上に貢献したいと思っております。
 日本語学院の教員並びに学生一同を代表し、日本科学協会が収められた業績に対しまして感謝いたします。
 本当にお世話になりました。

大連外国語学院日本語学部 3年 隋 露

利便性を提供する小さな閲覧室

 大連外国語学院図書館の3階には30㎡足らずの小さな閲覧室があります。閲覧室には日本科学協会から寄贈された日本語版の様々な図書が並んでおります。  ここには色々な種類の沢山の日本語版図書があります。社会生活、歴史、法律、経済、地理、言語、科学・技術等、広範な分野の図書です。これらの図書は、我が大学の日本語蔵書の不足を補填するという役割を果たしています。
 論文執筆にあたり参考資料を閲覧したい時、まず足を向ける場所はこの閲覧室です。ここに来れば、必要な日本語版図書を色々見つけることができます。しかも、最新の情報を見つけることができるのです。この閲覧室を通して日本のあらゆる分野の発展の状況を知ることができ、私たちの視野は広がります。閲覧室は日本語を専攻する学生の向学心を満足させるものであり、私たちに最大の利便性を提供してくれるものであります。
 これらの利便性を提供してくれる我が大学図書館の管理者に感謝すると同時に、私達にこれらの図書を提供して下さった友好の情の厚い日本の皆様に感謝いしたします。これからも、より多くのより新しいより良質な日本語版図書が閲覧できることを期待しております。

華大学図書館 副研究員 孟 艶華

 日本科学協会からの寄贈図書は、清華大学図書館の日本語版の蔵書を豊かにし、蔵書の補完とジャーナルの継続に寄与してくれるものです。
 例えば、「奈良六大寺大観」という全14巻のシリーズ本がありますが、今回、このシリーズの中の13巻分(第10巻は欠巻でした)を日本科学協会から寄贈され、現在、我が大学の建築学院の図書館に大切に保存されております。建築学部図書館の贾館長はこの本について次のように話しております。これまで建築図書館には「奈良六寺院」が2巻分しか所蔵されておらず、全巻を揃えようといろいろ手を尽くしましたが、結局揃えることができないでおりました。そんな折、この13巻を頂き、非常に重宝しているとのことです。また、彼は、「中国の古代建築は日本の建築と非常に近い親縁のような関係にあります。歴代の戦乱により中国には唐と宋の時代の木造建築が殆ど無くなってしまいましたが、日本の方は古代建築が比較的よく保存されておりますので、中国の建築関係者にとって、この本は貴重な参考資料であり、古代建築の研究には極めて参考価値の高い資料なのです。そのため、この本を図書館の蔵書の中でも最高度の貴重本として位置付けたうえで、学内の教師や学生の閲覧に供しております。」とも話しております

広西師範大学 外国語学院 英語学部 大学院 2年 周 光銀

 私は広西師範大学の外国語研究学院で翻訳を専攻している大学院生です。
 私の第2外国語は日本語ですが、広西師範大学に入学する以前、私は1年しか日本語を学んでおりませんでした。
 日本文化資料室の豊富な図書のお陰で、このセクションは図書館で最も貴重なところとなっております。昨年の3月から、私は週に2〜3冊の本を借りております。私は、これらの本を通して、日本語能力の向上というだけでなく、日本文化の学習という面でも多くの恩恵を得ております。これらの本の中で、私は、ごく普通でありながら偉大な人々に遭遇しました。足も手もない男性が有名な大学に入学し、リポーターになりましたが、このことは、私の想像をはるかに超えることでした。ある少女はクラスメートにいじめられ、自殺を図りましたが、未遂に終わりました。その彼女は、結局、弁護士になりました。日本人の支援者がネパール支援において大きな業績を上げました。また、私は、エイズを患っている少女が思い病と闘いながら偉大な生涯を生きているということも知っております。あらゆる人が困難を克服する際に、強靭な個性を見せてくれます。また、彼らが地震や台風や他の天災に直面してどのようにして生き残ったのかについても、私は学びました。日本人もまた戦争や外国の侵入に苦しみました。
 本は、異なる国々の若者たちが互いに理解し合う最善の包括的な方法を提供してくれます。こうした意味で、現在、図書館の日本文化資料室は、とても重要な役割を果たしております。これらの図書を寄贈してくれた全ての方々に感謝いたします。提案なのですが、もっと多くの本があれば良いと思います。

広西師範大学外国語学院 日本語教師 陶曷因

 こんにちは
 私は広西師範大学外国語学院で日本語の授業を担当する教師で、陶曷因と申します。たびたび日本文化資料庫を利用していただきまして、誠にありがとうございました。日本科学協会より賜った書物はわたくしの日本語教育及び研究に大変役に立ったと思います。これからの希望と申しますと、私が日本文化と言葉とのつながりというコースに興味を持っていますから、そこには最近出版された資料(たとえば日本有名な言語学者たちの著作など)、または日本語教育使う短篇の文章、物語などがあれば幸いだと思います。
(原文の日本語を生かすため、手を加えておりません)

広西師範大学外国語学院 日本語学部 4年 謝暁蘭

 尊敬する日本科学協会の皆さん
 いままで、たくさんの日本語の本を内の図書館に寄贈していただき、こころからまことにありがとうございました。これらの本は各方面に及んで、私たちは日本の文化や経済などを了解することに寄与します。また、わたしの国際能力試験一級、卒業論文に大いに役に立ちます。しかし、文学に関する本がおおいですが、文化や社会や教育についての資料が少ないです。そして、これらの本がちょっと古すぎるので、学生としてのわたしたちにとって、少し難しいと思います。また、もし雑誌や漫画がもうすこしおおければ、わたしたちがもっと日本人の生活、風俗習慣を了解できると思います。今後ももっと多くの本を寄贈していただきたいと思います。
(原文の日本語を生かすため、手を加えておりません)

桂林工学院 教師 崔 燕

 尊敬する日本の友人の皆様へ
 お世話になっております。
 桂林工学院教師の崔燕と申します。私は広西師範大学図書館日本文化資料室をよく利用しております。
 日本文化資料室の日本語版の図書を読むことにより、私の視野は広がりました。日本文化資料室の図書の種類と量の多さには驚くべきものがあります。私は歴史学の教鞭をとりながら歴史学の研究を続けておりますが、そうした中で最も参考になるのは、種々の百科事典、辞典、事典、それに歴史関係の書籍です。中国文化に対する日本の学者の研究の深さには驚かされ、私自身も中々それには及ばないと感心しております。日本語版の原書を読むことは、非常に参考になります。一部の学術的な問題について、日本の学者と中国の学者では観点が異なるところもありますが、学術研究に対する日本の学者の精緻さと深さを追求する研鑽の姿勢については、大変敬服しております。日本の学者の研究成果は、私たちの教育と研究にとても参考になるものであり、そうした意味で極めて高い価値を有するものであります。また、歴史関係の図書は、中日両国文化の歴史の長さと繋がりの深さを私たちに感じさせてくれるものでもあります。中日関係の長い歴史の潮流には怒涛のような起伏があったにも拘わらず、両国関係は今後もさらに先へ向かって流れていきます。日本科学協会の図書寄贈事業は、中日両国民の友好の絆に美しい花を添えるものであります。これらの花々は枯れることを知らず、次の世代、さらにその次の世代へと延々と伝わっていくものであります。中国人民は、皆様の労苦と無私の友情に永遠に感謝します。

このページのトップへ