ページ内のクイックリンク
  1. このページの本文へ
  2. サイト全体メニューへ
  3. サイト情報メニューへ
  4. お問い合わせへ
  5. サイトマップへ

公益財団法人 日本科学協会

日中未来共創プロジェクト

English  / 
Chinese 

作文コンクール

Panda杯 全日本青年作文コンクール

開催目的

日本の若者を対象として、“中国”をテーマに、日本語による作文コンクールを開催することにより、広範な日本の若者の対中関心の喚起、理解の促進を図るとともに、受賞作品(日本の若者の中国観)を日中両語(日本語原文と翻訳文)で「人民中国」誌・webサイトを通じて日中両国に広く発信することにより、日中相互理解の促進を図り、両国関係改善のための環境づくりに貢献する。
さらに、成績優秀者を中国に招聘し、中国の若者・指導層等との交流、辺境地訪問、史跡、文化施設等の視察など観光旅行では実施困難なプログラムを通じて、日中相互理解と友好交流の促進を図り、日中関係の将来を担う人材の育成に貢献する。

期待される効果

  1. 人民中国雑誌社、日本科学協会は、中国の若者の日本理解を目的とする作文コンクールを開催しているが、日本の若者の中国理解を目的とした本コンクールを併せて実施することにより、双方向の作文コンクールにすることができ、両コンクールの主目的である日中相互理解がより完全なものになると期待できる。
  2. 日本において、“中国”をテーマとする作文コンクールは、中国語による応募が殆どであるが、本コンクールでは日本語による応募なので、中国語学習の有無に関わらず日本の若者全てに扉が開かれたコンクールである。また、応募作品についても、母国語で心おきなく表現できることから、内容の濃い充実したものであると期待される。
  3. 日中関係が、依然として微妙な状況にある中、上記(2)のように日本では希有な作文コンクールを開始し、広範な若者の対中関心喚起と理解促進を図ることは、非常にタイムリーであり、日中関係改善への効果は大きいと期待できる。
  4. 日本の普通の若者の率直な中国観を、信頼できる媒体を通じて中国全土に日中両語(日本語原文と翻訳文)で広く発信することは、中国人の対日理解の促進、誤解・偏見の解消に繋がると期待できる。
  5. 中国招聘については、辺境地訪問、現地の若者や各界指導層との交流など観光旅行では経験できない希少なプログラムも含まれており、日本の若者の中国理解、国際感覚の育成のみならず、広範な中国人の日本理解の促進も期待できる。
  6. 本コンクールの訪中経験者に、「笹川杯日本知識大会・作文コンクール」日本招聘の受入れ担当として活動してもらうことにより、日中の若者交流をより充実したものにすることができると同時に、日本の若者の国際交流イベントの実践力を向上させることができると期待できる。

「Panda杯 全日本青年作文コンクール2019」

実施概要

事業名: 「Panda杯 全日本青年作文コンクール2019」
主催: 人民中国雑誌社、中華人民共和国駐日本国大使館、公益財団法人日本科学協会
後援: 中国国際出版グループ、中日友好協会、(公社)日本中国友好協会、(公財)日中友好会館
特別協賛: (公財)日本財団、全日本空輸株式会社
協力機関: 中国駐東京観光代表処、中国文化センター、(公財)国際文化フォーラム、(公財)日本財団学生ボランティアセンター、認定NPO法人東京都日中友好協会、日中学生交流連盟、日本「五星奨」中国語教育推進会、日中学院、(一社)日中協会、HSK日本実施委員会
協力メディア: 毎日新聞社、人民網、新華網、中国網、中国国際放送局、中国青年報、中華網、東方網、CCTV大富、東方新報、人民日報海外網 他

募集要項

テーマ: 「@Japan わたしと中国」
応募資格: 16歳〜35歳の日本人(日本在住者に限る)
募集期間: 2019年4月1日(月)〜2019年5月2日(木)
審査結果: 2019年5月22日(水)、入賞者名・入賞作品のタイトルを主催者及び協力メディアの各媒体で発表。7月1日(月)、入賞作品発表。
使用言語: 日本語
形  式: 自由(詩は、対象外)
文 字 数: 1,600字以内
応募方法: Web又は郵送
審 査 員: 王 衆一 人民中国雑誌社 総編集長
西園寺 一晃 東日本国際大学客員教授
徐 一平 北京外国語大学教授・中国日語教学研究会名誉会長
星屋 秀幸  森ビル株式会社 特別顧問
葉 言材 日本「五星奨」中国語教育推進会 幹事長
(50音順)
  1. 他の催事の受賞実績がある者の作品は、審査対象外とする。
  2. 受賞作品の著作権は、本催事の主催者(人民中国雑誌社、中華人民共和国駐日本国大使館、日本科学協会)に帰属し、当該作品を他の同様催事に応募することはできない。
  3. 応募作品については、提出資料を含め返却しない。
  4. 本活動の最終的な解釈権は、主催者に帰属する。

審査・表彰

  • 優秀賞10点、入選10点、佳作35点、団体賞3校の選定については、下記のとおりである。
    一次審査:事務局等が全応募作品の中から55作品を選定する。
    最終審査:55作品について、5名の審査委員が審査して採点する。
    各作品の得点合計により、それぞれ優秀賞、入選、佳作の各賞を決定する。また、応募者数の多い上位3校に団体賞を授与する。
  • 全入賞者(55名)の氏名を主催者及び協力メディアの媒体で公表する。
  • 全入賞者(55名)に表彰状を授与する。また、優秀賞及び入選受賞者(合計20名)については、中国に招聘するとともに「人民中国」誌(優秀賞:3年、入選:2年)を贈呈する。さらに、佳作受賞者35名には、図書券3,000円を授与するとともに「人民中国」誌(1年分)を贈呈する。
優秀賞 10点 中国招待(2019年8月上旬/7日間)
「人民中国」誌に作品掲載
「人民中国」誌(3年分)贈呈
入選 10点 中国招待(2019年8月上旬/7日間)
「人民中国」誌(2年分)贈呈
佳作 35点 図書券3,000円、「人民中国」誌(1年分)贈呈
参加賞 応募者全員 「人民中国」誌(3か月分)贈呈
団体賞3校 受賞校の代表者を中国駐日大使館で開催される授賞式に招待

「Panda杯全日本青年作文コンクール2018」

(以下敬称略)

「Panda杯全日本青年作文コンクール2017」

(以下敬称略)

「Panda杯全日本青年作文コンクール2016」

(以下敬称略)

優秀賞
後藤 翔(熊本大学):ティーシャツと短パンの勇者
山本 綾子(一橋大学大学院):中華帽子から始まった4歳児の夢
山口 真弓(株式会社ユーグレナ):"圣女"
井ノ下 千夏(安田女子大学):書で結ぶ日本と中国
角南 沙己(筑波大学附属高校):希望の言葉――「辛苦了」
佐野 桃子(東京学芸大学 ):わたしの「ものさし」で見た中国
大久保 弘樹(宮崎公立大学):人生で初めて出会った中国人
門馬 涼(私立仙台育英学園高等学校):想いは国境を越えて
北條 久美(創価高等学校):「赤い輪」
濵田 麻衣(大妻女子大学):わたしが発信する“中国”
入選
村上 恵理(創価大学):あの木
岩野 美咲(熊本大学):中国から来た朋友
長橋 侑生(法政大学):互いに見つめ合うこと
流森 健吉(県立広島大学):中国語に耳を澄ます
和田 栞奈(三聖心女子):知ること・知ってもらうこと

「Panda杯全日本青年作文コンクール2015」

(以下敬称略)

佳作
山本勝巳:「隣人『中国』と私〜私の狂人日記」
吉崎晴香:「良い『隣人』であるには」
松坂茉留:「永遠の隣人とわたしと」
古川裕樹:「忘れられない中国体験 〜中国の友だちと歩いた湖南百公里毅行〜」
林桃代:「横山先生と就職と中国と」
鴨下綾花:「自分の目で確かめること」
濃野司:「変わらぬもの」
水野裕大:「回想記ー雨傘革命に思いを寄せて」
了舟隼人:「ゴシップとしての隣人『中国』」
岸本美樹:「私にとっての中国」
藤崎貴行 :「心の隣人、私の友誼」
ターン有加里ジェシカ:「やっぱり中国人も日本人も変わらないよ!」
上山幸穂:「日本語の言語空間を越えて」
加藤愛澄:「中国人はホントにマナーが悪いの?」
光本恵理:「本音の中にある温かさ」
和泉澤大地:「隣人『中国』とわたし〜気が付けば第二の故郷〜」
福岡杏菜:「隣人中国と日本」
中澤耀介:「一人から変えていく日本と中国」
西村歩:『わたしは何をするか』
倉澤正樹:「日中の相互理解の未来のために」
菅原悠希:「過去の戦争と現在の私」
日高真太朗:「日中交流のカタチ」
楠田法隆隣人:「中国」とわたし
中島大地:「隣人『中国』と私」
松本祐輝:「狭間に生きる僕達は、見えないものを見つめ続ける」
塚原かたり:「『三つ編み』から抱いた興味」
近藤香月:「南京と『南京』中国と『中国』」
山口真弓:「隣人『中国と私』」
武富波路:「人と人を繋ぐ -隣にいることで-」
庄崎友紀:「中国で出会った人」
このページのトップへ