ページ内のクイックリンク
  1. このページの本文へ
  2. サイト全体メニューへ
  3. サイト情報メニューへ
  4. お問い合わせへ
  5. サイトマップへ
HOME  >  協会の助成活動  >  笹川科学研究助成  >  FAQ これから申請される方

笹川科学研究助成

FAQ これから申請される方

申請に関すること

申請書について

Q1
申請書類のダウンロードページはどこですか?
A1
申請は本会Webサイトで行うため、申請用紙はありません。申請方法について詳しくは、本会Webサイトにある「申請マニュアル」を確認してください。
Q2
書ききれないため、文字数を増やせますか?
A2
文字数は増やせません。指定した文字数に収まるように入力してください。
Q3
写真・グラフ・図は使用できますか?
A3
電子申請システムとは別途、E-mailにて(gazopdf@jss.or.jp)まで送付してください。詳細は申請マニュアルに記載がありますので、そちらを参考にしてください。
Q4
太字やイタリック、フォントサイズなどの字体の変更はできますか?
A4
電子申請システムでは字体の変更はできません。強調したい部分については、括弧や記号、空白、改行等を使うようにしてください。
Q5
研究協力者の欄には、どのような人を記載すればいいですか?
A5
申請する研究課題の研究において、特定の作業等、一部の役割を無償で担う人をご記入下さい。
Q6
申請書を英文で作成することは可能ですか?
A6
申請は必ず日本語で行ってください。外国人研究者が申請する場合は、「研究の目的」「研究の実施内容」「研究の特色」「研究状況」「期待される成果」のみ英文表記を可としますが、必ず和訳の要訳を(josei@jss.or.jp)までE-mailにて別途提出してください。件名には必ず【研究助成申請和訳】と記載してください。
Q7
大学教員が《実践研究》に申請する場合、所属大学の学長が推薦者となるべきでしょうか?
A7
《実践研究》の推薦者は、「実践の場」の代表者になります。実践の場が大学の場合は学長が推薦者に、大学の学部の場合は学部長が推薦者になります。

推薦について

Q1
申請内容が未完成ですが、推薦を先に書いてもらうことはできますか?
A1
申請内容の入力が完了するまで、推薦依頼をすることはできません。推薦依頼後に申請内容を修正すると、再度推薦依頼が必要となります。
Q2
推薦者に書いてもらう推薦理由は、どのような内容なのでしょうか。
A2
推薦理由も評価の対象となり、申請者本人に関することのほか、当該申請研究課題の次の事項についても1,000文字以内で入力してください。
(1)この研究の発想の萌芽性、新規性、独創性
(2)この研究の今後の展開への見通し
(3)この研究が貢献できる専門分野
Q3
実践研究部門で、自分が実践の場の代表者であり、申請者と推薦者が同じなのですが、推薦理由を入力しようとメールのURLをクリックしても、申請者のマイページが開いてしまい、推薦理由を入力できない。
A3
申請者のマイページからログアウトした上で、メールにあるURLを再度クリックすると、推薦理由の記入ページにつながります。

申請書の提出について

Q1
申請書を直接日本科学協会へ持ち込むことは可能ですか?
A1
申請は本会Webサイトで行います。持ち込みは認めておりません。
Q2
申請書を印刷して郵送で提出することは可能ですか?
A2
申請は本会Webサイトで行います。印刷物の郵送は受け付けておりません。(NPO会則・事業報告書・活動実績については郵送可)
Q3
申請書をE-mailで提出することは可能ですか?
A3
申請は本会Webサイトで行います。E-mailでの提出は認めておりません。(NPO会則・事業報告書・活動実績については郵送可)

申請内容の変更について

Q1
申請した内容を変更したいのですが?
A1
住所等の変更を除き、申請完了後の内容の変更は認めておりません。
Q2
住所やE-mailアドレスが変更になりました。どうすればいいですか?
A2
マイページから修正してください。詳しくは申請マニュアルをご覧ください。

選考結果について

Q1
結果はいつごろにでますか?
A1
3月末までにメールで通知いたします。
このページのトップへ