ページ内のクイックリンク
  1. このページの本文へ
  2. サイト全体メニューへ
  3. サイト情報メニューへ
  4. お問い合わせへ
  5. サイトマップへ
  • 協会の助成活動
  • 科学の普及
  • 科学協会紹介
  • 日中交流活動
  • Facebookページを表示する
  • Twitterページを表示する
  • メールマガジン

NEWS

日中交流活動関連のお知らせ

2020/9/10
Panda杯全日本青年作文コンクールの審査結果が発表されました
2020/6/20
笹川杯日本研究論文コンクールの応募がスタートしました
2020/6/20
笹川杯本を味わい日本を知る作文コンクール(中国語版)の応募がスタートしました
2020/05/07
Panda杯全日本青年作文コンクールの応募がスタートしました
2020/05/01
笹川杯本を味わい日本を知る作文コンクール(日本語版)の応募がスタートしました
2020/01/27
日中学生交流会中止のお知らせ
2020/01/15
日中学生交流会の参加者を募集します
2019/12/27
HPの図書寄贈ページがリニューアルしました
2019/11/16.17
笹川杯全国大学日本知識大会が南京大学で開催されました
2019/10/12
笹川杯日本研究論文コンクールの授賞式が吉林大学で開催されました
2019/9/30
日本科学協会が「中国外文局優秀協力パートナー賞」を受賞しました
2019/09/11
パンダ杯訪中メンバーの訪中感想が動画でアップされました
2019/08/08
8/2~8/8までPanda杯全日本青年作文コンクール受賞者の訪中研修旅行が実施されました
2019/08/05
Panda杯全日本青年作文コンクール2019の授賞式が中国外文局で開催されました
2019/07/31
Panda杯全日本青年作文コンクール2019の授賞式が駐日中国大使館で開催されました
2019/07/01
中国教育国際交流協会と業務提携に関する覚書調印式を開催しました
2019/06/26
習近平主席がPanda杯受賞者からの手紙に返信されました(CRI報道)
2019/05/22
Panda杯全日本青年作文コンクール2019の受賞者が発表されました
2019/05/15
笹川杯作文コンクールの優秀作品が掲載されました
2019/04/26
日中未来共創プロジェクトに関する記事が掲載されました
「Panda杯全日本青年作文コンクール2018」入賞作品を公開いたしました。
2019/4/1
Panda杯全日本青年作文コンクール2019の応募がスタートしました
「Panda杯全日本青年作文コンクール2018」入賞作品を公開いたしました。
2019/2/21
笹川杯訪日団と日本の若者約55名が日中交流会を行います。
2019/2/19
笹川訪日団35名が来日します。
2019/1/31
日中交流会の協力者募集を終了しました。多くのご応募ありがとうございました。
2018/11/26
北京大学で「笹川杯全国大学日本知識大会2018」を開催いたしました。(11/17、18)
  • 新型コロナ
  • 科学と倫理
  • 生命科学テキスト
  • 科学と宗教
  • 海外発表促進助成
  • サイエンスメンター事業
  • 笹川科学研究助成
  • 図書寄贈
  • 日本知識大会
  • 日中作文コンクール
  • 相互訪問プロジェクト
  • 科学実験データベース
  • 立方体地球-Cubic Earth
  • 寄付のお願い
  • 寄付のお願い
  • 日本科学協会チャンネル
  • 科学隣接領域研究会
  • サイエンスワークショップ
  • 日本科学協会が今やっていること

    • 20-10-19
       こんにちは。科学振興チームの豊田です。 本日は、2019年度に「カルボン酸誘導体を利用した炭素-水素結合官能基化を経る多置換芳香族化合物の合成」という研究課題で笹川科学研究助成を受けられた、東京理科...
    • 20-09-23
       こんにちは。科学振興チームの豊田です。 日本科学協会では、「2021年度笹川科学研究助成」の募集を受け付けております。締め切りは2020年10月15日23:59までとなっておりますので、本年度もよろ...
    • 20-09-01
      2021年度笹川科学研究助成の募集要項を公開いたしました。本年度も、よろしくお願いいたします。◆申請について詳細については、下記の本会Webサイトをご確認ください。・本会Webサイトhttps://w...
  • 日中交流の現場から

日本科学協会の主な事業は、ボートレースの交付金による日本財団の助成金を受けて実施しております。
 supported by 日本財団 The Nippon Foundation

このページのトップへ