ページ内のクイックリンク
  1. このページの本文へ
  2. サイト全体メニューへ
  3. サイト情報メニューへ
  4. お問い合わせへ
  5. サイトマップへ

協会の助成活動

笹川科学研究助成

若手の研究を支援する笹川科学研究助成

笹川科学研究助成は、課題の設定が独創性・萌芽性をもつ研究、発想や着眼点が従来にない新規性をもつ若手の研究を支援しています。
30年以上の歴史を持ち、2018年4月1日までで9,296件(5,486,480千円)の研究を支援してきました。


2019年度笹川科学研究助成の募集要項を公開いたしました。

『海に関係する研究』は、重点テーマとして支援します。
昨年度までの「海洋・船舶科学系」は無くなりましたが、各系の『海に関係する研究』として扱います。


本年度も、よろしくお願いいたします。

 


2019年度の助成募集について


申請受付期間:2018年9月18日(火) から 2018年10月16日(火)23:59 まで

ユーザ登録は、随時受け付けておりますので、早めの登録をお願いいたします。
既に登録済みの方は、必ずユーザ情報を最新の情報に更新してください。
(所属、学年、現住所など)

学術研究部門

助成対象となる研究
人文・社会科学および自然科学(数物・工学、化学、生物、複合、ただし医学を除く)に関する研究を対象とします。

※昨年まで、海洋・船舶科学系に申請された方も、上記の申請区分から選択してください。『海に関係する研究』として扱います。
対象者
2019年4月1日現在、大学院生あるいは所属機関等で非常勤または任期付き雇用研究者として研究活動に従事する方であって、日本に居住する35歳以下の方とします。
但し『海に関係する研究』については、雇用形態を問いません。
研究期間
2019年4月1日から2020年2月10日までに達成し成果をとりまとめられるものとします。
助成額
1件あたりの助成額の上限は100万円とします。





必ずダウンロードし、読んでください。
学術研究部門

実践研究部門

A 教員・NPO職員等が行う問題解決型研究
学校、NPOなどに所属している方が、その活動において直面している社会的諸問題の解決に向けて行う実践的な研究を求めます。
B 学芸員・司書等が行う調査・研究
学芸員・司書等が博物館や図書館等の生涯学習施設の活性化に資する調査・研究を求めます。 また、所属機関とは別の機関や、大学、自治体などの異分野の機関・施設と連携した研究も歓迎します。

対象者
教員、学芸員、司書、カウンセラー、指導員、市民活動・地域活動等の専門的立場にある方などで、特に年齢は問いません。

なお、非常勤や嘱託等の方は、雇用期間内に調査・研究が終了することを条件とします。
研究期間
2019年4月1日から2020年2月10日までに達成し成果をとりまとめられるものとします。
助成額
1件あたりの助成額の上限は50万円とします。

必ずダウンロードし、読んでください。
実践研究部門

申請

申請は電子申請で受け付けております。電子申請を行う際は、こちらのログインページから始めてください。

FAQ

ご不明な点がございましたら、こちらのFAQをご覧ください。

FAQ

連絡先

公益財団法人日本科学協会 笹川科学研究助成係

〒107-0052 東京都港区赤坂1丁目2番2号 日本財団ビル5F
TEL 03-6229-5365 Email:josei@jss.or.jp
※恐れ入りますが、Yahooメールの使用はご遠慮ください。

助成が決定した後に、所定の手続きに基いて助成金を交付いたします。

採択後の各種手続きについて(ガイドラインはこちら)

このページのトップへ