ページ内のクイックリンク
  1. このページの本文へ
  2. サイト全体メニューへ
  3. サイト情報メニューへ
  4. お問い合わせへ
  5. サイトマップへ
HOME  >  科学の普及活動  >  サイエンスメンタープログラム  >  データ集録・解析ワークショップ

サイエンスメンタープログラム

データ集録・解析ワークショップ

ラズベリーパイで測ってみよう!
このワークショップでは、ラズベリーパイ (Raspberry Pi 3B+) にセンサやカメラをつけて、身の回りのデータを測定・解析します。


開催概要
〇開催日時
 2021年11月7日(日)13時~17時、11月14日(日)13時~17時

〇形式
 オンライン開催(Zoom)

〇講師
 同志社大学 野口 尚史 准教授、 企業研究所研究員 小山 志穂里さん

〇スケジュール
 1日目(11月7日)
  12:30             Zoom開場
  13:00-14:30 センサ作成・ラズパイ操作(測定)練習
  14:30-17:00 身のまわりの現象を工夫して測定することにチャレンジ

 2日目(11月14日)
  12:30             Zoom開場
  13:00-16:30 測定したデータの解析、考察
  16:30-17:00 まとめ・講評

  ※プログラミング言語 Python を用いて解析します(プログラミングの経験がなくても大丈夫です)。
  ※※時間、内容は変更になる場合がございますので、あらかじめご了承願います。

〇参加費
 無料


募集要項
〇募集期間
 2021年10月5日~25日 ※定員に達し次第、募集を終了します。

〇募集対象
 中学生・高校生・高専生* 40名(先着順) *(10/12 変更)

〇用意していただく物
 【ラズパイに接続する物】HDMI接続のディスプレイ(テレビも可)、USB接続(Aタイプ)のマウス・キーボード、HDMIケーブル
 【Zoom用の物】PC、ウェブカメラ、マイクなど
 【その他】筆記用具、USBメモリ

〇主催者が用意する物  ※講習前に郵送します。
  RapsberryPi3B+とSense HAT*やパイカメラなど機材一式(貸出)、(統計ソフトなどを書きこみ済みの)SDカードなど  *Sense HATは、宇宙空間での使用を想定して開発された多機能センサです。
 
〇参加条件
・保護者の同意が得られること
・Zoomで講習を受けられること
・7日と14日の両日とも参加できること(部分的な参加を希望される方は、事前に下記の問い合わせ先にてご相談ください。)
・貸出する機器(ラズパイ)を速やかに返却できること
・Zoomや Slack*を使えるように事前準備ができること  *Slackは、LINEのようなビジネス用のコミュニケーションツールです。


◇センサを使って身の回りの現象を測定してみたい、科学部などの活動で取った実験・観測データをうまくまとめたい方など、ご関心のある方はぜひご参加ください!
 参加を希望される方は、リンク先のフォームからお申込みください。

ご不明な点は、kikakuアットマークjss.or.jpまでお問い合わせください。



この活動では、子どもゆめ基金への報告のために写真撮影を行います。提出された個人情報(写真)は、「(独)国立青少年教育振興機構が保有する個人情報の適切な管理に関する規程」に基づき、子どもゆめ基金助成業務以外の目的には使用されません。

 

 





  • 日本科学協会チャンネル
  • メルマガ登録
  • 科学協会支援のお願い
このページのトップへ